• 青函圏周遊博とは?
  • 北海道新幹線について
  • 青函圏 二次交通について
  • 周遊モデルコース
  • スポット・景観

HOMEぐっとくる周遊モデルコース: 夏まつりと地元パワーを満喫する旅

ぐっとくる周遊モデルコース

夏まつりと地元パワーを満喫する旅

1日目

  1. 成田空港または羽田空港→東京駅または仙台空港→仙台駅

  2. 新幹線

    八戸駅

  3. 在来線で約10分

    本八戸駅

  4. バスで約20分

    八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館

    是川遺跡や風張1遺跡の出土品の展示などを通じ、八戸の縄文文化を発信。国宝「合掌土偶」が展示され、縄文の美や精神世界を鑑賞できます。

    所在地
    八戸市大字是川字横山1
    営業時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)※月・祝日・振替休日の翌日、年末年始休み 
    問い合わせ・TEL
    0178-38-9511
  5. バスで約20分「八戸中心街ターミナル」下車

    八戸三社大祭
    7月31日〜8月4日

    ユネスコ無形文化遺産に登録されている、約300年の歴史と文化を誇る八戸地方最大のお祭りです。27台もの豪華絢爛な山車絵巻は、その迫力と美しさで観るものを魅了します。

    会場
    八戸市中心街
    問い合わせ
    (公社)八戸観光コンベンション協会
    TEL
    0178-41-1661
  6. 八戸泊

2日目

  1. 本八戸駅

  2. 在来線で約10分

    八戸駅

  3. 新幹線で約24分

    新青森駅

  4. 在来線で約40分

    弘前駅

  5. 徒歩で約20分

    弘前ねぷたまつり
    8月1日〜8月7日

    国重要無形民俗文化財指定の「弘前ねぷたまつり」は、三国志や水滸伝などの武者絵を題材として、鏡絵(前)の雄姿と見送り(後)の幽玄さが対照的。小型のねぷたから始まり、最後は9メートルを超える大型ねぷたが笛や太鼓の囃子とともに街を練り歩きます。また、弘前ねぷたを通年で体験できる施設「津軽藩ねぷた村」も観光客に人気。

    会場・時間
    8月1日~4日(土手町コース19:00~)8月5日・6日(駅前コース19:00~)8月7日(なぬか日:土手町なぬか日コース10:00~)
    問い合わせ
    弘前市立観光館 
    TEL
    0172-37-5501
  6. 弘前駅からバスで約45分

    百沢温泉郷

    鉄分を含む、やや赤っぽい泉質は「熱の湯」と親しまれています。湯量が豊富でほとんどの旅館が独自に源泉を持つためそれぞれ微妙に異なるのが百沢温泉の魅力です。

    所在地
    弘前市百沢
    問い合わせ
    岩木山観光協会
    TEL
    0172-83-3000
  7. 弘前泊

3日目

  1. 弘前駅

  2. 在来線で約45分

    青森駅

  3. 青い森鉄道で約20分、バスで約50分

    浅虫温泉

    開湯1200年の歴史があり、棟方志功や太宰治など多くの文化人に愛された温泉街。海水浴場や海釣り公園、水族館などがあり、幅広い層が楽しめる場所です。

    所在地
    青森市大字浅虫
    問い合わせ
    (一社)浅虫温泉観光協会
    TEL
    017-752-3250
  4. 青い森鉄道で約20分、バスで約50分

    青森駅

  5. 徒歩で約5〜20分

    青森ねぶた祭
    8月2日~8月7日

    300万人を超える観光客でにぎわう日本を代表する火祭り。20台ほどの大型ねぶたが街を練り歩き、北国の夏を熱く盛り上げます。

    会場
    青森市中心街
    問い合わせ
    (公社)青森観光コンベンション協会
    TEL
    017-723-7211
  6. 青森泊

4日目

  1. 青森駅

  2. 在来線で約6分

    新青森駅

  3. 新幹線で約60分

    新函館北斗駅

  4. アクセス列車で約15分

    函館駅

  5. 徒歩で約5分 ※花火大会の会場まで

    函館港まつり
    8月1日~8月5日

    函館の夏の一大イベント。8月1日は南北海道最大級の花火大会が行われ、8月2日〜3日は、約2万人が函館の街をパレードする「ワッショイはこだて」が開催されます。

    会場
    函館港、函館駅前地区、五稜郭地区
    問い合わせ
    函館港まつり実行委員会事務局(一社函館国際観光コンベンション協会内)
    TEL
    0138-27-3535
  6. 路面電車で約30分「湯の川温泉」下車

    湯の川温泉

    イカ釣り漁最盛期の夏から秋にかけては、海に面した部屋の窓から、漆黒の海面と夜空を照らす漁り火が眺められます。

    所在地
    函館市湯川町
    問い合わせ
    函館湯の川温泉旅館協同組合
    TEL
    0138-57-8988
  7. 函館泊